水素を使う医師が急増中

病気や老化の元凶といわれる活性酸素を除去できる物質として、注目を集めている水素。

活性酸素には、体にいい動きをする善玉活性酸素と、悪い動きをする悪玉活性酸素があります。悪玉活性酸素は強い酸化力を持ち、老化などを促進させます。水素は、この悪玉活性酸素だけを選択して除去し、さらに、炎症を促進する物質を抑える働きもあります。除去するだけなので、水素で病気が治るということではありませんが、悪玉活性酸素の除去により細胞本来の機能を高めることで治癒再生力が戻り、自力で病気と対抗できるようになります。

水素の優れた点は、副作用が一切ないことです。ほかの治療と並行して水素治療を受けることが可能で、とりすぎたとしても体内にとどまることがないので無害です。また即効性があるのですぐに効果が実感できるというメリットもあります。反応スピードが速すぎて、患部近くに投与しなければ、目的の部位に到達できない可能性があり、また、体内ではすぐに消費されてしまうので何度も投与するひつようがあり、ステロイドや炎症鎮痛剤よりも抗炎症作用は小さいといったデメリットもあります。しかし、水素を臨床現場で使う医師は増えており、今後もっと効果的な治療法が見つかっていくと期待されています。

医療現場は常に革新されており、医者や看護師など医療現場で働く人たちは新しいスキルを求められて大変です。だからついていけない人は仕事を辞めて新たな職場を求めて転職をしてしまうのでしょうね。

ナース人材バンク 求人数